住宅模型

業者によって査定額が変わる|空き巣による被害を受けないための管理

競売物件の魅力

一軒家

物件の購入を検討している人は、競売物件も確認してみましょう。通常の市場よりも割安で購入できる可能性があります。住宅の買い物というのは、一生に一度あるかないかの大きな買い物となります。

もっと読む

復興支援もできる

室内

住宅エコポイントとは、復興支援事業を目的に条件を満たした建築にも対応する制度となっています。そのポイントを利用すれば、東日本大震災の復興支援活動にもなるのです。

もっと読む

査定に出す

女の人

空き巣防止の管理や設備

マンションを購入しても空室が埋まらず収益物件としての魅力に欠ける場合は、思い切ってそのマンションを売る必要があります。空き巣防止の管理が行き届いてなかったり、外観や内装が汚れていたり、魅力に欠ける理由は様々ですが、マンションを売る場合に気を付けなければならないのはその価格についてです。不動産会社に売る旨相談すると、高値で購入してくれるという不動産会社もあります。例えばA不動産とB不動産の2社に相談した場合、不動産は2000万円で売ることができるということですが、B不動産は2200万円で売ることができると言われました。この場合、多くの人は、マンション売却はB不動産に依頼をするでしょう。ですが、実際に売る場合には、どちらも大して売値が変わらないということがあります。その理由は、いったいなんでしょうか。

2つの査定方法について

マンションを売る場合に査定価格が違うのは、B不動産のほうがマンションを高く売る自信があるのではなく、単に高い金額を提示して、自社で扱う物件を増やしたいからです。そこで、どの不動産も売却価格よりも高値を提示します。マンションの査定についてですが、大きく分けて2種類あることを知っておきましょう。一つが簡易査定です。この簡易査定は、インターネットでできる査定で、マンションの場所や広さ、過去の売り出し価格などを参考に決めます。これに対して、実査定というものがあります。実査定は、マンションに来てもらい、実際にマンションの外と中を見て査定をおこないます。この場合、簡易査定ではわからなかったこともわかるので、より明確な価格が出てきます。

有名なメーカー

つみき

住友林業は国内でもトップクラスのハウスメーカーで、「木の家」が評判の会社です。住友林業は最初にお会いする営業の方をはじめ設計士やインテリアコーディネーター、現場の方々まで、専門家が揃っています。

もっと読む