復興支援もできる|業者によって査定額が変わる|空き巣による被害を受けないための管理
室内

業者によって査定額が変わる|空き巣による被害を受けないための管理

復興支援もできる

室内

復興支援住宅エコポイントとは

住宅エコポイントとは温暖化対策推進事業、東日本大震災の復興支援事業、住宅販売促進を目的に条件を満たした新築住宅の建築やリフォーム工事を行った場合に工事内容に応じてポイントを付与する制度です。もらったポイントは工事代金の一部に充てたり復興支援商品などと交換することができるのです。正式には復興支援住宅エコポイントと呼ばれていました。以前同じようなポイント制度で住宅エコポイントがあったのですが仕組みとしては同じようなものです。この二つの異なる点は東北の被災地以外で住宅を建築した場合にもらえるポイントが復興支援住宅エコポイントでは半分になりました。更に当初の住宅エコポイントは全額住宅の建築費、リフォーム費に充てることができましたが復興支援住宅エコポイントではもらえるポイントのうち工事代金に充てることができるのは最大半分までなのです。残りの半分のポイントは復興支援商品などに交換する必要があるのです。

エコポイントをもらうまでの流れ

このポイントをもらおうと思った場合にどんな住宅でも住宅を建てればもらえるわけではありません。細かく条件が提示してありこうした条件をクリアしている必要があるのです。更に建築会社がこうした条件をクリアしているという書類を提出する必要があるのです。そういった建築会社で建築して初めてポイントを申請する権利を得ることができるのです。ポイントをもらうためには住宅を建てた後に建築会社の押印もしくは情報が記入された書類を提出しポイント申請をする必要があるのです。工事開始日、住宅竣工日、申請予約期間などそれぞれ期間が設けられていてすべての条件をクリアして初めて申し込むことができるのです。申請をしてからポイントの承認までは数か月かかる場合もあります。審査に合格したら承認通知が届きはがきやインターネットを利用してポイントを商品や被災地の商品券、寄付などが選択できます。一度にすべてのポイント申請をしなくてもポイント交換の期限内に付与ポイントの範囲内であれば何度も商品に交換することが可能です。